ヒント

URLスキーム

ThreadNoteの起動

com.smallmake.threadnote:///
 または
threadnote:///

ノートを指定して起動

スレッド・モードで起動

com.smallmake.threadnote:///?p=<note-id>
e.g. com.smallmake.threadnote:///?p=123

タグを指定してタグ・モードで起動
※必ず既存のタグを指定。タグを生成することはできません。

com.smallmake.threadnote:///?p=<note-id>&tag=<URL encoded string>
e.g. com.smallmake.threadnote:///?p=123&tag=Essays%202012

URLスキームの調べ方

URLSchemeFig03ノートを開き、右上のボタンをタップするとノート属性のパネルが開きます。ここにURLスキームの欄があります。
「URLスキームをコピー」をタップするとクリップボードにコピーされます。これを何かのアプリなどにペーストすして使用できます。

URLスキームの調べ方(ver 1.5より前のバージョン)

Copy URL Schemeノートを開き(編集モード)、ツールバーのアクションボタンをタップして、「ブックマーク」をタップ。

「URLスキームをコピー」をタップするとクリップボードにコピーされます。これを何かのアプリなどにペーストすして使用できます。

または

Edit Bookmark「ブックマークに追加」をタップしてから、ブックマークの編集画面で詳細画面を開き、その「URLスキーム」の項目を見てください。

ノートの追加

スレッドのルートにノートを追加する場合

com.smallmake.threadnote:///add?title=<URL encoded string>&comment=<URL encoded string>

note-idを指定すれば、そのノートの子ノートとして追加します。

com.smallmake.threadnote:///add?p=<note-id>&title=<URL encoded string>&comment=<URL encoded string>

利用例

DraftPad のアシストの場合:
1行目をタイトル、2行目以降を本文にして、note-id=123 の子ノートとして追加する。

e.g. com.smallmake.threadnote:///add?p=123&title=<@L1>&comment=<@L2~>

タグ操作(ver 1.5より前のバージョン)

タグ編集

タグ編集編集画面下のタグボタンをタップして、タグ編集を開きます。
タグ編集には、既存のタグ一覧が表示されていて、ここから選んでタップするとタグとして挿入されます。

タグ入力

タグ入力タグをキーボードから入力する場合は、必ず最後に改行します。
タグになると丸く囲まれた文字になります。

タグ選択

タグ選択タグをシングル・タップすると選択でき、青色になります。この状態で、キーボードの削除をタップするとタグを消去できます。
タグをダブル・タップすると、そのタグのグループ一覧の画面に移動します。